福井県の花「水仙」         健康長寿福井
 ★ 福井県の花「水仙」
 

お知らせ

第65回 福井県養護教諭研究協議会
 《福井県養護教諭研究会創設70周年記念》  が行われました
               
 絵文字:良くできました OK
期日 平成29年7月26日(水)
  絵文字:良くできました OK場所 福井県県民ホール、福井市地域交流プラザ(AOSSA)
  絵文字:良くできました OK日程     9:00〜  9:30   受付(8F)
         9:30〜10:15  開会式、災害時サポート隊支援システムについて                                      
          10:15〜11:55  講演
        11:55〜12:00   諸連絡
        12:00~13:00   昼食・
移動
        13:00~13:15   受付(6F・8F)
        13:15~16:00   分科会別研修



***災害時サポート隊支援システムについて*********

  


***講演************************

 演題:「 教職キャリアの視点から養護教諭の未来を見据える
             -教育改革の中で問われる専門性と機能-」

 講師: 国立大学法人愛知教育大学学長  後藤 ひとみ 氏


<感想より>
・養護教諭の歴史を知り、あらためて今ある仕事に誇りと自信を感じました。同時にこれからの役割の責任の重さも認識し、専門職としての研鑽を積まなければと痛感しました。

・いつの時代にあっても変わらない役割をしっかり行うとともに、これからの養護教諭に求められる力をつける努力をしていきたいと思いました。

・「養護教諭」という職を大事にしなければいけないと改めて感じたと同時に、感覚や経験で仕事をするのでなく、実践を重ね中身が伴うようにしなければと、襟を正した時間でした。

・養護教諭の専門性はもちろん、後藤先生の養護教諭としての熱い思いやプライドを学ばせていただきました。

・現在の国の方針や、養護教諭に期待されていることがよくわかりました。また、「先輩方の積み上げてくださった歴史を大切に、保健室経営に当たらなければならない」と改めて感じました。

・70周年という節目の年に、養護教諭のあり方について考える機会をいただき、大変勉強になりました。チーム学校の一員として、また、福井県養護教諭研究会の一員として、さらに専門性や人間性を高めていかねばならないと再認識しました。


 

***分科会別研修********************

1分科会:【危機管理】 辻子 裕二氏(福井工業高等専門学校)
       もし学校が避難所になったら  その時あなたは

  
2分科会:【健康教育】 南 桂子氏(福井医療大学)
       「からだ学習」へのアプローチ ~子ども目線で考えよう~

 
3分科会:【健康相談】 吉弘 淳一氏(福井県立大学)
       気になる子供への対応

 
4分科会:【養護教諭の特別支援教育】 松村 博江氏(福井県特別支援教育センター)
       養護教諭が行う特別支援  
保健室からユニバーサルデザインを始めよう!

 
5分科会:【学校保健組織活動】 桑原 規歌氏(ハートマッスルトレーニングジム)
       養護教諭メッセージ力を高めよう